コピバン的著作権のお話


コピバンやってる人も、
コピバン見に行ってる人も、
わかりやすくまとめたので気になる人は読んでみてくださいね、

私の場合はサザンの曲(著作物)を使って遊んでるので、それを無断で利用したりお金儲けに使ったりできません。ジャスラックなどの著作権管理団体を経て、アーティストにしかるべきお金を払わないと使えません。CDの音源をそのまま使うのはもちろん、たとえコピバンの演奏であろうが、その演奏を録画した映像であろうが、金儲けでなかろうが、不特定多数が見る場所での演奏や投稿には著作権料を支払わなければなりません。
でもちゃんと著作権料さえ払えば、著作権で商いをしているアーティストからみればファンがCDを買うのも、コピバンが演奏するのも同じ。そこから著作権料が入るので同じお客さんなんです。そう考えると後ろめたい事はありませんよね、
ということで、
我々はどーやって著作権料を払ってるのか例を上げて説明しますね。演奏者だけでなくお客さんも関わることがあるので要チェックです。


■ライブハウスでの演奏

私の場合は毎月第3金曜日にサザンのライブやってます。サザンのおかげでたくさんのお客様が集まって来ます。なので、もちろん著作料を払わないといけませんよね。たとえ下手な演奏であろうが、ギター一本の弾き語りであろうが、歌詞や楽曲に著作権があるのでダメなのです。でも心配いりませんライブハウスの場合大抵ジャスラックと年間契約してるんです。包括契約なので基本何を演奏しても大丈夫、いちいち申請を出さなくてもいいようになってます。


■ライブハウス以外での演奏
レストランやBAR、お祭りイベントや、ホールなど、定期的にライブを開催していない場所では年間の包括契約をやってないところが多いです。そんな場所でやるときは自分で個別にジャスラック申請出しましょう。まったく恐れることはないです。ジャスラックホームページに行って申請フォームにしたがって打ち込んでいけばネット上で10分で申請も出せるし、おどろく金額ではありませんので一度挑戦してみましょう。(たとえば入場料2000円、定員100人、曲数10曲、演奏時間60分のライブだと8000円。100人で割れば1人80円です。)


■コピバン映像をYouTubeに上げる
コピバンの映像であっても歌詞や楽曲は著作物ですので不特定多数の人が見るネットに上げるとアウトです。ただ、YouTubeは大丈夫。YouTube自体がジャスラックと包括契約しているので我々は何もお金を払う必要がありません。そのかわり勝手にバナー広告が入ることがありますが致し方ありませんね、その他ニコ動やツイキャスも包括契約してるので大丈夫です。


■コピバン映像をFacebookやmixiなどのSNSに上げる。
Facebookもmixiも包括契約してないので要注意です。YouTubeが大丈夫なので同じように大丈夫と思って上げてしまうとやばいです!「コピバンのライブ映像をスマホで撮ってFacebookにあげる」よく見かける光景ですがこれも厳密に言えばアウト。でもいい方法があります。Facebookで動画をアップしたければyoutubeに上げてリンクすればいいのです。それで解決!


■本家のCD音源をネットに上げる。
これには著作隣接権という演奏者やレコード製作者の権利が含まれてるのでさらに厳しく、YouTubeでも上げれません。そもそもYouTubeでは独自の音源サーバーと自動的にマッチングされるのでたとえ数秒使ってても、背景でBGMで流れてても、アップする時チェックに引っかかってしまいアップすらできないシステムになってます。賢いですよね。


■コピバンのCDやDVDを販売する。
コピバンが自分らのCDやDVDを販売するのも珍しいですが??。ジャスラックに正式に販売するという申請を出し、決められた金額を払うと可能になります。たとえ「タダで配る」「儲けなしで原価で配る」でも、それなりに算出された金額を払わなければなりません。曲数、販売数、販売価格などで変わってきますが我々バンドのDVDも1枚当たり数百円支払っています。


■カラオケで歌った動画をYouTubeに上げる。
カラオケBOXで歌うこと自体はもちろん大丈夫ですが、カラオケで自分が歌ってる動画をYouTubeにアップするのはどうでしょう?一見大丈夫のようにみえますが実はアウトなんです。カラオケの伴奏音源はカラオケメーカーが製作した著作物なので、さきほどのCD音源アップと同じでダメなのです。なので「○○を歌ってみた」ってのは実はヤバイんですね、


ということで、
ざっと「コピバンあるある」を書いてみました。バンドメンバーには前から話してますが、お客さんにも関わることがあるので今回まとめてアップしてみました。